【新宿 渋谷 初台 代々木 東京 骨造成を行った症例】

2016-11-25

主訴 : 奥歯で物が噛めるようになりたい。

dsc_0225r

下顎の奥歯の部分は、歯が失われていて、骨が吸収して減ってしまっています。このままでは義歯も安定しないし、インプラントを埋入する骨がありません。そこで、この部分に骨を足す手術を行いました。

dsc_0228rg

歯肉を切開して骨の状態を確認しました。

 

dsc_0233rrg

チタンプレートで外枠をつくり、中に骨補填材を充填しました。

dsc_0234r

切った歯肉の端と端を精密に縫合してピッタリと密着させました。こうすると治癒が速やかに行われます。また、術後に腫れたり、痛みがでたりすることが少ないです。


カテゴリー 症例